<< 春って | main | 何を守るのか >>
 ← 1クリックをお願いします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
 ← 1クリックをお願いします。
たぬきの森
私は先週、住む場所を探しながら下落合に行きました。
都心に近く、でも緑があり、潤いがあり、そんな場所に住めたら
ゆっくり息ができそうって思ったから。
緑って言っても、木が植わってればいいって話じゃない。
木と木、木と土地、そこにあるものが呼応して、長い間に生き物が住みついて、1つの世界が生まれてる、そんな場所はかけがえがない。
が、なんと下落合の緑が、まさに伐採されようとしていました。
緑を伐採して3階建て30戸の低層マンションを建てたいんだって。

意味がわからない。
今さら何を?
その地には樹齢200年の楠や、狸も住んでるそうです。
結構報道はされているらしく、また、地元住民の方々が「下落合みどりトラスト基金」を立ち上げたそうです。でも、まだ3億足りないとのこと。新聞記事はこちらで。

新宿区長への署名をメールで送りました。
http://www.jsc-com.net/shimoochiai/top.htm

署名は、トップページ写真右下の「ご協力を」欄で「中山弘子新宿区長への署名」をクリックするといけます。
どうしたら伐採が止まるんだろう。
もし3億円持ってて基金に寄付できたら、一発解決なのにな。
建設会社が新宿区にこの土地を売る、その価格を吊り上げるために演じているパフォーマンスだと思いたい。
カテゴリ:環境のこと | 01:52 | comments(0) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 01:52 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hirokos.jugem.jp/trackback/9
トラックバック