<< 法被の着こなし | main | 祝☆CDデビュー! >>
 ← 1クリックをお願いします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
 ← 1クリックをお願いします。
スリランカについて
スリランカの内戦も、最終局面を迎えているようです。
民族間紛争、内戦、というけれど、民族の名前のもとにしいだげられた人たちの蜂起とその鎮圧のような、
もっと言ってしまえば、
いじめられた転入生がキレて、もとからいたクラスメートたちに押さえ込まれるようなことに思えてしまって。
そうしたら、なぜいじめが起きたのか、どうしてキレるまで放っておかれて、そのあともこんなに時間がかかっているのかも見つめなければ。すごく複雑な気持ちです。

私には、シンハラの人もタミルの人も同じ、人です。どちらの人を思い出しても、笑顔の彼らしか思い出せません。
認め合える日が、1日もはやく来ますように。
カテゴリ:スリランカ | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 09:22 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hirokos.jugem.jp/trackback/336
トラックバック