<< くれない餃子 | main | 三味線の魅力 >>
 ← 1クリックをお願いします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
 ← 1クリックをお願いします。
諦めることについて
人の態度が気持ちとイコールとは限らない、と最近よく思います。
それに、本当のことはなかなか見えない。
そう思うと、
もっと前に進めたはずだったのに
私から諦めたことがどれだけあったか、と思ってハッとしました。
人との関係も、自分のことも。
目に見えるものだけで判断しちゃいけない、と思います。
前に進みたかったら、怖がってちゃいけない。
諦めるなら、もっと行ってからでもいい。と思いました。
カテゴリ:発見したこと | 23:01 | comments(2) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 23:01 | - | -
コメント
ご無沙汰をしております。深いところを付いてきましたね。
残念ながら、私たちは他人の内側を見ることが出来ません。
でも、自分の内側は感じられるはずです。人の言葉や態度に
どうしても翻弄されてしまうのが、人間です。
他人の言葉や態度どこか感じるモノがあったなら、それが
その時に自分に必要なモノであったり、気になっているモノ
では無いでしょか。
諦めたのか、考え直したのか・・・、色々なやり方や方法が有るわけで、見方や進み方を変えれば、道は続いているのでは・・・。と、思います。
兎に角、チョットだけ頑張ってみてください。
| ウエケン | 2008/05/02 12:13 AM |
ウエケンさん、お久しぶりです!
見方や進み方を変えれば、道は続いている。
そう思うと、嬉しくなります。
感じるものを見過ごさないように、
自分と密に進んで行きたいと思います。
ありがとうございます!
| 武内ヒロ子 | 2008/05/03 11:15 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hirokos.jugem.jp/trackback/239
トラックバック