← 1クリックをお願いします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
 ← 1クリックをお願いします。
夏の悩み



家から駅まで、寿命の尽きた蝉を踏まないように歩くのに必死。
夜は特に緊張する。
わかりやすい白線の上を歩き続ける。
秋にはきっとスーパーモデル。

もっと土があってもいいと思う。
アスファルトが進化してもいいと思う。

カテゴリ:環境のこと | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
小さな暴れん坊
090308_1514211.jpg

今日はこれから、小さな暴れん坊さんたちの歌のレッスンです。
また暴れてくれるんだろうな。

みんなが来る前の、静かなひとときです。
カテゴリ:環境のこと | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
そのこころ(の一部)は
本屋さんに行く時間がないので、私の記憶でお話してしまうと、
まず、建物に直線がないこと、そして、窓から緑が見えること。
とりあげればもっとあるのだけど、彼のやり方の中で、私がもっとも素敵だと思ったのはその2つです。
実際の建物を写真で見て、その色づかいにびっくりしましたが、彼の造ったアパートの住人は、その住み心地のよさに、なかなか出て行かないそうです。
詳しくは、筑紫哲也さんの「スローライフ」、読んで見てください。
(こんなにさらっと書いちゃって、フンデルトさんごめんなさい)
カテゴリ:環境のこと | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
フンデルトヴァッサー
いろんな読み方があるみたいですね。
ちょうど良い資料が見つからなくて。
ひとまず、こんな建物を造った人だということのわかるリンクを。

フンデルトワッサーの自由な精神
http://homepage1.nifty.com/spacekids/spirt.html

フンデルトヴァッサーと共生の思想
http://www.symlab.sys.i.kyoto-u.ac.jp/activities/maishima/house.html

建築物のスナップ
http://p4room.mda.or.jp/~pon/viennaczech/hundert/hundert.html
カテゴリ:環境のこと | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
フンデルトワッサー
衣食住で言うと食がなにより大事な私ですが、
食の次に大事なのは住だと思います。

住む場所へのこだわりを表現することが難しかったのですが、
前にもここに書いた、筑紫哲也さんの「スローライフ」という本で、
建築家フンデルトワッサーさんの理論を知ったときに、
そういうことでした!と合点がいきました。

車体を擦るほどの斜面の途中にある、森のお家に住んでいる私は、ワッサーさんの理論が日本の当たり前になってほしい。

どんな内容か、いざ言おうと思ったら正確に思い出せないので、次に書くことにします。
カテゴリ:環境のこと | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
何を守るのか
タヌキの森の伐採はどんどん進んでいる様子です。
どんどんと、不思議なくらいスピーディーに進む。
ここまでか?ここで終わってしまうのか?どうしたらいいの?

私の地元でも、今大きなマンションが建てられています。
どこにそのマンションが建てられているのか、私は知らないけれど、
いつも気持ちよく歩いていた坂道の傍らに、蛍光色のノボリが立って建設を知りました。
大きく非難の言葉が書かれた蛍光色のノボリが立つと、その後ろに怒りや哀しみ、折り合わないものが見えて、やるせない気持ちになります。

どうしていつも、壊すものが勝つんだろう。
これを壊して、何を守るんだろう。

「あなたが守ろうとしているものは、あなたが壊そうとしているものよりも、尊いのですか?」
って、壊す人たちに聞いてみたい。
カテゴリ:環境のこと | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
たぬきの森
私は先週、住む場所を探しながら下落合に行きました。
都心に近く、でも緑があり、潤いがあり、そんな場所に住めたら
ゆっくり息ができそうって思ったから。
緑って言っても、木が植わってればいいって話じゃない。
木と木、木と土地、そこにあるものが呼応して、長い間に生き物が住みついて、1つの世界が生まれてる、そんな場所はかけがえがない。
が、なんと下落合の緑が、まさに伐採されようとしていました。
緑を伐採して3階建て30戸の低層マンションを建てたいんだって。

意味がわからない。
今さら何を?
その地には樹齢200年の楠や、狸も住んでるそうです。
結構報道はされているらしく、また、地元住民の方々が「下落合みどりトラスト基金」を立ち上げたそうです。でも、まだ3億足りないとのこと。新聞記事はこちらで。

新宿区長への署名をメールで送りました。
http://www.jsc-com.net/shimoochiai/top.htm

署名は、トップページ写真右下の「ご協力を」欄で「中山弘子新宿区長への署名」をクリックするといけます。
どうしたら伐採が止まるんだろう。
もし3億円持ってて基金に寄付できたら、一発解決なのにな。
建設会社が新宿区にこの土地を売る、その価格を吊り上げるために演じているパフォーマンスだと思いたい。
カテゴリ:環境のこと | 01:52 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |