← 1クリックをお願いします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
 ← 1クリックをお願いします。
12月26日
今日は、インド洋大津波が発生した日です。

あれから7年。
被害にあった方々の毎日が、
より豊かに、より安全になっていますように。

アーユーボワン。
カテゴリ:スリランカ | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
セレンディピティな夜
スリランカナイトは大賑わいでした。
特注のスリランカカレーパンや手作りのゴダンバ、いつものロティ、マンゴープリン、ライオンビール、アラックをいただきながら、
スリランカの話を聞き、スリランカの音楽を聴き、スリランカに想いを馳せる、なかなかない機会だったと思います。
いらした方たちが楽しんでいただけてたら、スリランカに行きたい!と思ってもらえてたら嬉しいです。

私はあんまりお手伝いできなかったけれど、この会を作り上げたスタッフのみなさんのアイディアや努力は、すごい!と思いました。
みなさんおつかれさまでした!

100424_1624301.jpg

スリランカ一色のカウンター。
動きの早いみなさんがあっという間に作り上げました。
カテゴリ:スリランカ | 18:20 | comments(2) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
スリランカを知りたいかい?
スリランカって、言われてみれば興味あるけど…というあなたにピッタリのイベントが生まれました!
日本人で初めて、スリランカのスパイス輸入を始めた、うっちゃんこと内海氏主催のイベントです。
私も歌で参加します!

食、紅茶、お酒、そして音楽から始めるスリランカはいかがですか?
興味深いお話も、たっぷり聞けますよ。

↓↓↓

昨年、四半世紀続いた内戦の終結したスリランカ
しかしながら日本ではまだまだ
「スリランカってどこ?」
な国なのである。

スリランカと関わるものとして
またスリランカから恩恵を受けるものとして
スリランカの発展に少しでも寄与できるようなイベントをやってみたい

そう思い続けてきたわけですが
スリランカ関係の多くの仲間のご協力により
ついにその時が来た!

少しでも多くの方に、スリランカという国を知っていただき
魅力を感じていただき、興味を持っていただきたい
そんな思いで臨む今回
本年を復興発展元年と位置づけ
スリランカを盛り上げていくために積極的にPRさせていただく場として
スリランカの新年(4月13日)に合わせ
4月24日にスリランカパーティー開催します♪

今回この趣旨に賛同いただいたある企業様のご協力をいただき
この企業様のゲストルームをお借りすることが出来ました!
場所は新宿駅サザンテラス口から徒歩約5分(最寄は代々木駅になります)
27階からの絶景の夜景を楽しみながらのパーティーに
是非ご参加いただけますようよろしくお願い致します☆

尚、今回会費の10%をスリランカで孤児院『ガールズホーム』などで、
運営支援されている社団法人スプートニクインターナショナルさんに
寄付させていただきます!(参加して楽しみながら社会貢献も)
http://www.sputnik-international.jp/

日時:4月24日(土)16時半開場 17時スタート 20時終了
場所:新宿駅サザンテラス口より徒歩約5分(最寄駅は代々木駅より徒歩2分)
会場:27階のゲストルーム (会場の詳細は参加者のみなさんに別途ご案内致します)
参加費:千円(ワンドリンク付き)うち100円をスプートニクへ寄付
定員:100人様  締め切り:定員に達した時
申し込み:「4/24のパーティーに参加希望」
お名前
参加人数
お手数ですがこちらのE-mailまでお送り下さい→japan@active-international.co.jp
(株)アクティブインターナショナル  

イベント内容
・スリランカについてのご案内
・スリランカミュージックの生唄生演奏
 ミカチェンコさん 、武内ヒロ子さん
・紅茶講座
有限会社ケイユニオンエンタープライズ 代表取締役 秋元浩治さん
 オーガニックティー 「ゴールデンリング」を飲みながら
・ゲストスピーカー講演
NPO法人人間力開発協会理事 (社)スプートニクインターナショナル理事
TBSアナウンサー秋沢淳子さん

飲食
スリランカの軽食
カトレット(魚のコロッケ)など

ドリンク
・アジアンビールとして認知され始めたスリランカのライオンビール
・ココナッツの花蜜を天然発酵させ蒸留したものを、ハルミラ材の樽で
4年以上の長期熟成させたアラック
他アルコール、マンゴージュースなどのソフトドリンクをワンコインにて
(うち50円がスプートニクに寄付となります)
 スリランカ雑貨、紅茶、スパイスなどの販売も予定しております☆

*内容など一部変更となる場合もございます!
また追加事項もあると思いますが、追加や変更事項などありましたら
改めてお知らせいたします!

27階のVIPルームから東京の絶景夜景を眺めるだけでも
十分楽しめると思いますよ〜♪
あっメインはあくまでスリランカですけど^^

皆様のご参加をお待ちしております☆
カテゴリ:スリランカ | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
久しぶりに体を動かす
喉がやっと良くなってきたので、
久しぶりに皇居周りをジョギングしました。
あったかくなってきたので汗の出も良くて気持ちよかったです。

そして帰宅後、久しぶりにお隣りさんの顔が見たくなり、
一緒にご近所を散歩しました。
1月の後半からはヘルニアでずっと寝込んでいた彼女。
外に出られるようになって本当によかった。

数週間会わないだけでお互いにいろんな変化があって、話はつきません。

彼女はスリランカカレーのスパイスキット「みかちぇんこカレー」を自ら考案して販売しています。
今日からは、いよいよネット販売ができるようになるそう。
おめでとう!!
あなたの初めてのスリランカに、いかがですか?

スパイス販売のトゥナ・パハ
">http://thuna-paha.com/

カテゴリ:スリランカ | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
ダンミカちぇんこカレー



つきみ野の
サティの下のフードコートの
片隅にある
ディヤダハラ



こんな本格スリランカ料理が
近所のサティで食べられるありえなさを
つきみ野の人はご存知なのかしら。

ケンタッキー
マックの隣に
ディヤダハラ
カツレツだけでも
食べたらいいのに

ケンタッキーのチキンと、
ディヤダハラのカツレツとジンジャーティー、
そんな楽しみ方もできるんですね〜。
うらやましいっ!

昨日はディヤダハラの店主・ダンミカさんと打ち合わせがあって、久しぶりにお会いしました。
今はつきみ野、茅ヶ崎、幕張のサティでフードコートに出店しているそうです。
いつも笑顔でバリバリ働くダンミカさん。
あまりゆっくりお話することがなかったので、彼のこれまでのお話を聞いて、うなってしまいました。

フードコートでも、本店に負けない品揃えで、カレーの種類もたくさんありました。
昨日はマグロカレーを食べました。
マグロをカレーにしておいしいんだってことは、
スリランカと出会って初めて知りました。
ディヤダハラでは本マグロを使ってるそうです。

アユボワン。
長生きしてね
ダンミカさん。
カテゴリ:スリランカ | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
ところ変われば呼び名も変わる
スリランカカレーを久しぶりに作りました。
最近作ってなかったので、リハビリの気持ち。

スリランカカレーに使う香草のランペやカラピンチャ。
本当は乾燥ものより冷凍ものが使いたい。
呼び名がシンハラ語なので得体が知れず、でもいい味がでるので、
どこかにないかな〜とネットで見たら、
名前を変えてアジアで広く使われていることが判明。

ランペ(スリランカ)

パンダンリーフ(インドネシア)

バイトーイ(タイ)

タイ食材なら、今の時代、入手しやすい!
こういう抜け道があるんだ。
カテゴリ:スリランカ | 09:07 | comments(2) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
2日めはいい天気
090913_1144441.jpg

念願のスリランカン・フード。
コットロティと野菜ゴダンバなどなど。
天気がよかったので、1日めの倍以上の人出でした。
満足。

午後は銀座へ、ソプラノの松岡理枝さんのサロンコンサートに行きました。
ピアノは松浦美佳ちゃん。
素敵なコンサートでした。
クラシックやポップスの名曲に並んで、数年前に美佳ちゃんが作曲し私が作詞した未発表曲「月桃」を歌ってくださいました。
夢のようで、全身がゾワゾワ、鳥肌になりました。
本当に嬉しかったです。
カテゴリ:スリランカ | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
スリランカと戦争に思うこと
 

スリランカの「タミル・イーラム解放のトラ」が敗北宣言したそうです。

内戦が、ついに終わるということです。

 

内戦が終わるということはずっと望んでいたことだけれど、

すんなり喜ぶことはできない。

本当の終結は、きっとずっと先の話だ。

この内戦が始まってしまった原因のなくなることが、本当の終結だと思う。

今は、戦う相手がいなくなった、ということ。

 

先日読んだまどみちおさんの詩の一節を思い出しました。

 

「押すのは 押されてるからだ」

 

戦争する同士に善も悪もない

勝利の意味とは何だろう。

 

誰にでも理由がある

その人がそうなった理由がある

理由を見つめたら簡単に憎むことなんてできない

 

どれだけの人のどれだけのつらさがこの事実を作ったんだろう

どれだけの苦しみや悔しさや怒りが

それでも私は無差別に誰かを殺していい意味がわからない。
 

彼らがほしかったものは何だろう。

 

憎しみの種を消してください

子どもたちに憎しみよりも思いやりを

どちらもみんな最初から持っていて

選んで使うことのできるもの

 

昨日私は「子どもの情景」という映画を見ました。
アフガニスタンの戦争が子どもたちに残した暴力がとてつもなく悲しかった。
そして、自分はもう子どもではないんだと、強く思いました。
私たち大人が、子どもたちに見せていかなければいけないと思います。

カテゴリ:スリランカ | 22:40 | comments(3) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
スリランカについて
スリランカの内戦も、最終局面を迎えているようです。
民族間紛争、内戦、というけれど、民族の名前のもとにしいだげられた人たちの蜂起とその鎮圧のような、
もっと言ってしまえば、
いじめられた転入生がキレて、もとからいたクラスメートたちに押さえ込まれるようなことに思えてしまって。
そうしたら、なぜいじめが起きたのか、どうしてキレるまで放っておかれて、そのあともこんなに時間がかかっているのかも見つめなければ。すごく複雑な気持ちです。

私には、シンハラの人もタミルの人も同じ、人です。どちらの人を思い出しても、笑顔の彼らしか思い出せません。
認め合える日が、1日もはやく来ますように。
カテゴリ:スリランカ | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0)
 ← 1クリックをお願いします。
すばらしきスリランカ
5月26日、待望のスリランカフェスティバルに行ってきました。
熱い日差し、吹き抜ける風、揺れる緑、漂うスパイスの香り。。。
代々木公園は、私の知っているスリランカそのものでした。

スリランカがプレゼントしてくれたいろんな出会いに感謝しながら、
2回のステージ、計7曲を演奏しました。
ピアノは松浦美佳ちゃん、タブラはアジャンタさん。
とっても楽しかった。
スリランカの歌を歌うとき、私の中でスリランカチャンネルがかっちり入って、
日本語では使ったことのない部分が歌を歌います。特別な気持ち。
さわやかな風を受けながら歌っていたら、
ちょうど1年前、スリランカの山中の女子学校で、子ども達と歌ったときを思い出しました。
あんなに山奥で、何もなくても、あんなに美しく輝いていた子ども達。
スリランカの宝物が、いつまでも美しくありますように。

バックステージでは、
スリランカフェスティバルには欠かせない、スリランカの舞踊団「チャンナ・ウプリ」のダンサーたちと、
「2年ぶりだよね!」「久しぶり!」と再会を喜びました。
スリランカの伝統舞踊に使われる衣装は、本当に素敵。
細やかな刺繍が施されて、キラキラ輝いています。
あまりの美しさに見とれて、思わず手に取ってしまいました。
でも、この衣装もダンスも、本当は、日本の歌舞伎のように、一族や、限られた人しか身につけることのできないものでした。
「特別だよ」と、写真を撮ってもらいました。嬉しい!

チャンナ・ウプリの踊り手さんと。

そして2回めのステージの後、私はなんと、お財布を無くしました。
どこに置いたか、いつまで持っていたか、まったく思い出せません。
バックステージには、いろんな人が出たり入ったりしているし、皆の荷物がたくさん置いてあるし。
チャンナ・ウプリの皆さんまで、心配して探してくれました。
皆、口々に、「かわいそうに。」「こんな場所じゃ探しても難しいよ」「あったか?」と、声をかけてくれました。
私の不注意だ。。やっちゃった。と、その日は反省しきりで代々木公園を後にしましたが、
次の日、なんと、お財布は無くしたときのまま、私の元に返ってきました。
ある場所に私が置き忘れてから、お財布は、ステージに出演したあるスリランカの団体の段ボールに片付けられ、
そのまま持ち帰られましたが、その日の夜に、「うちの物ではない!」と分かってすぐに大使館に預けられたそうです。
あの状況で、これは奇跡だ。。と思いました。
ある方に、「ヒロ子、それは守られたのよ。感謝しなきゃ。」と言われました。
本当にそうだと思います。
出会ってから今までずっと、数え切れない宝物をくれるスリランカ。特別な存在です。
ボホマステューティ。ありがとう。
カテゴリ:スリランカ | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/3PAGES | >>